• お茶大案内
  • 学部・大学院
  • 入試情報
  • 教育・研究
  • 産学連携・社会貢献
  • 留学・国際交流
  • 図書館
  • 研究所・センター
  • 附属学校園
  • トップページ
  • お知らせ
  • 基幹研究院自然科学系の三宅亮介講師がSHGSC Japan Award of Excellence 2021を受賞
  • ページの本文です。

    基幹研究院自然科学系の三宅亮介講師がSHGSC Japan Award of Excellence 2021を受賞

    2021年4月26日更新

    基幹研究院自然科学系(理学部化学科)の三宅亮介講師が、ホスト-ゲスト・超分子化学研究会のSHGSC Japan Award of Excellence 2021を受賞いたしました。
    SHGSC Japan Award of Excellence 2021は、ホスト-ゲスト化学あるいは超分子化学の発展に寄与する業績をもつ若手研究者(2022年4月1日現在45歳以下)に贈呈されるものです。
    三宅講師の「ペプチド金属錯体を用いた複合機能システムの創出」に関する研究が非常に高く評価され、この度の受賞となりました。

    第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム
    //www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/mol3/shgsc2020/award.html

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会
    //www.ahgsc.jp/symposium.html

    {lang: 'ja'}
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter